ls MITSUDA CHIHIRO
+ STUDY ++ PROFILE ++ COMPUTER ++ PHOTO ++ ILLUSTRATION ++ TEA +

STUDY


紀 要
  • 2006 年度

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2007, 放射によって調節された二酸化炭素氷雲と 古火星大気の温室効果, 特定領域「系外惑星」ダスト班研究会講演集, in press, [ DL ]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2007, 放射によって調節された二酸化炭素氷雲と 古火星大気の温室効果, 第 21 回大気圏シンポジウム講演集, 1-4, [ DL ]

    • Mitsuda, C., T. Yokohata, and K. Kuramoto, 2006, Vertical structure and greenhouse effect of radiatively controlled CO2 ice cloud layer in a Martian paleoatmosphere, Proceedings of the 39th ISAS Lunar and Planetary Symposium, 128-131, [ DL ]

  • 2005 年度

    • Mitsuda, C., T. Yokohata, and K. Kuramoto, 2005, Scattering greenhouse effect of the CO2 ice cloud and climate stability on early Mars, Proceedings of the 38th ISAS Lunar and Planetary Symposium, 184--187, [ DL ]

  • 2004 年度

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2005, 湿潤古火星大気における二酸化炭素氷雲の安定性と散乱温室効果, 第 19 回大気圏シンポジウム講演集, 190--193, [ DL ]

    • Mitsuda, C., T. Yokohata, and K. Kuramoto, 2004, Scattering greenhouse effect in early Martian climate: an investigation of CO2 ice clouds stability against radiative heating by line-by-line calculation, Proceedings of the 37th ISAS Lunar and Planetary Symposium, 208--211, [ DL ]

学 会 / 研 究 会

  • 2007 年度

  • 2006 年度

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 『放射冷却による二酸化炭素氷雲の形成と古火星大気の温室効果』, 特定領域「系外惑星」ダスト班研究会, 定山渓, 2007. 3. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(HTML)] [講演集]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 『放射によって調節された酸化炭素氷雲と古火星大気の温室効果』, 第 21 回大気圏シンポジウム, 相模原, 2007. 2. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(HTML)] [講演集]

    • Mitsuda. C., T. Yokohata, and K. Kuramoto, 『Scattering Greenhouse Effect of Radiatively Contralled CO2 ice cloud layer in a Martian Paleoatmosphere』, 2006 AGU Fall meeting, San Francisco, 2006. 12. [Poster] [Abstruct]

    • 高橋芳幸, 光田千紘, 小高正嗣, 林祥介, 『火星大気大循環モデルで用いる CO2 15 micron 帯放射モデルの再構築と循環への影響』, 地球電磁気・地球惑星圏学会 2006 年 秋季講演会, 相模原, 2006. 11. [予稿]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 『放射冷却による二酸化炭素氷雲の形成と古火星大気の温室効果』, 日本気象学会 2006 年 秋季講演会, 名古屋, 2006. 10. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(HTML)] [予稿]

    • 高橋芳幸, 光田千紘, 小高正嗣, 林祥介, 『火星大気大循環モデルで用いる CO2 15 micron 帯放射モデルの再構築と循環への影響』, 日本気象学会 2006 年 秋季講演会, 名古屋, 2006. 10.

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲の鉛直構造と散乱温室効果』, 日本惑星科学会 2006 年秋季講演会, 神戸, 2006. 10. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(HTML)] [予稿]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲と その温室効果』, 第 39 回月惑星シンポジウム, 相模原, 2006. 8. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(HTML)] [講演集]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『厚い古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲の 鉛直構造』, 日本地球惑星科学連合 2006年大会, 幕張, 2006. 05. [発表資料(pdf)] [発表資料(GIF)] [予稿集(日本語)] [予稿集(英語)]

  • 2005 年度

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『二酸化炭素氷雲の散乱温室効果による火星古気候の温暖化』, 日本気象学会 2005 年秋季講演会, 神戸, 2005. 11. [ポスター(pdf)] [予稿集]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『二酸化炭素氷雲による火星古気候の温暖化』, 火星エアロノミー研究会, 相模原, 2005. 11. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(Quicktime)]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『二酸化炭素氷雲による火星古気候の温暖化とその安定性』, 日本惑星科学会 2005 年秋季講演会, 会津, 2005. 9. [発表原稿(PDF)] [ポスター(pdf)] [予稿集]

    • Mitsuda. C., T. Yokohata, and K. Kuramoto, 『The greenhouse effect of CO2 ice cloud and climate stability on early Mars』, 37th annual meeting of the Division of Planetary Science of the American Astronomical Society, Cambridge, 2005. 9. [Poster] [Abstruct]

    • 光田千紘『二酸化炭素氷雲による初期火星の温暖化』, 日本気象夏期特別セミナー(第17回若手会夏の学校), 草津, 2005. 7. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(Quicktime)]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『古火星における二酸化炭素氷雲の散乱温室効果と気候の安定性』, 第 38 回月惑星シンポジウム, 相模原, 2005. 7. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(Quicktime)] [講演集]

    • Yokohata, T., C. Mitsuda, and K. Kuramoto, 『Evolution of the surface environment on Mars: Role of CO2 atmosphere, ice caps and clouds』 International Symposium on Origins of Life and Astrobiology, Niigata, 2005. 6.

    • Mitsuda, C., T. Yokohata, and K. Kuramoto, 『Warming of early Mars induced by CO2 ice clouds』 Microsymposium, Climate and Meteorology on Mars, Kobe, 2005. 6. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(Quicktime)]

    • 光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭『湿潤古火星大気における二酸化炭素氷雲の安定性と散乱温室効果』, 地球惑星関連学会 2005 年合同大会, 幕張, 2005. 5. [発表原稿(PDF)] [発表原稿(Quicktime)] [予稿(日本語)] [予稿(英語)]

  • 2004 年度


セ ミ ナ ー 発 表 etc.


学 位 論 文
  • 修士論文 『二酸化炭素氷雲による初期火星の温暖化: 一次元放射モデルを用いた雲凝結 フラックスと雲面密度および粒径の推定』2005. 1

  • 卒業論文『金星大気の鉛直温度構造 -- 観測結果とその理解 --』2003. 1 [ DL ]

++ last up date 2007/05/01 chihiro @ ep.sci.hokudai.ac.jp ++
+ STUDY ++ PROFILE ++ COMPUTER ++ PHOTO ++ ILLUSTRATION ++ TEA +