[ Japanese / English ]
 


















大学院入学試験における英語学力判定方法の変更について(平成28年以降)

宇宙理学専攻では,平成28年8月 (予定) 以降に実施する平成29年度入学者(平成29年4月入学, 平成28年10月入学)向け大学院入学試験から, 英語学力判定を従来の英語試験に代わりTOEIC または,TOEFL-iBT,TOEFL-PBTのスコアによる判定に変更します。 事前にTOEIC,TOEFL等の受験と,大学院入試出願時に間に合うよう英語スコアの取得が必要となりますので,ご注意下さい。
詳細は こちら をご覧下さい。また,大学院入学試験の情報は こちら を参照下さい。

    (掲載日: 2015/02/10)
  • 平成26年度 修士論文発表会におけるベストプレゼンテーション賞の受賞者決定!

    • 今井 正尭(惑星宇宙グループ)
        論文題目:金星スーパーローテーションに伴う惑星規模雲模様の周期性に関する地上観測
      島 和宏(宇宙物理研究室)
        論文題目:分子雲における星形成にUV輻射が与える影響のシミュレーション
      畠山 慎也(原子核理論研究室)
        論文題目:Glauber理論による高エネルギー原子核反応の研究
    (掲載日: 2015/02/05)
  • 平成26年度 修士論文発表会の開催について

    • 平成26年度修士論文発表会を以下の要領で開催致します.専攻に所属する学生さんの積極的な参加を期待します.当日のプログラムは, こちらからダウンロードが可能です.
      ・日 時: 2015年 02月 09日 (月) 08:45 - 15:00
      ・場 所: 理学 5 号館 大講堂 および 大講堂前ロビー

    (掲載日: 2015/08/21)
  • 水の凝縮核生成の大規模分子動力学シミュレーション
    〜室内実験レベルの低生成率での凝縮核生成の再現に成功〜
    (低温科学研究所 准教授 田中秀和、日本学術振興会 特別研究員 田中 今日子)
  • 飽和した蒸気から液滴が生まれる際の凝縮核生成は,気象学(雲粒形成)や工学(ナノ粒子形成)などの理工学の幅広い分野で重要な研究対象となっています。しかし,最初につくられる凝縮核は…
    詳しくは こちら をご覧ください。

    (掲載日: 2015/06/23)
  • 宇宙で最初の光学活性アミノ酸の生成経路解明
    (低温科学研究所 助教 大場康弘,教授 渡部直樹)
  • 分子の中には,その組成は同じでも立体的に重ねることができない鏡像関係にある異性体(=光学異性体)が存在するものがあります。北海道大学低温科学研究所では,宇宙で最初の光学異性体を持つアミノ酸が,暗黒星雲に存在する…
    詳しくは こちら をご覧ください。