[ Japanese / English ]
 


















大学院入学試験における英語学力判定方法の変更について(平成28年以降)

宇宙理学専攻では,平成28年8月 (予定) 以降に実施する平成29年度入学者(平成29年4月入学, 平成28年10月入学)向け大学院入学試験から, 英語学力判定を従来の英語試験に代わりTOEIC または,TOEFL-iBT,TOEFL-PBTのスコアによる判定に変更します。 事前にTOEIC,TOEFL等の受験と,大学院入試出願時に間に合うよう英語スコアの取得が必要となりますので,ご注意下さい。
詳細は こちら をご覧下さい。また,大学院入学試験の情報は こちら を参照下さい。

    (掲載日: 2015/02/10)
  • 平成26年度 修士論文発表会におけるベストプレゼンテーション賞の受賞者決定!

    • 今井 正尭(惑星宇宙グループ)
        論文題目:金星スーパーローテーションに伴う惑星規模雲模様の周期性に関する地上観測
      島 和宏(宇宙物理研究室)
        論文題目:分子雲における星形成にUV輻射が与える影響のシミュレーション
      畠山 慎也(原子核理論研究室)
        論文題目:Glauber理論による高エネルギー原子核反応の研究
    (掲載日: 2015/02/05)
  • 平成26年度 修士論文発表会の開催について

    • 平成26年度修士論文発表会を以下の要領で開催致します.専攻に所属する学生さんの積極的な参加を期待します.当日のプログラムは, こちらからダウンロードが可能です.
      ・日 時: 2015年 02月 09日 (月) 08:45 - 15:00
      ・場 所: 理学 5 号館 大講堂 および 大講堂前ロビー

    (掲載日: 2014/12/24)
  • ENZO user Workshop 2014 を北大にて開催
  • 宇宙論的な数値シミュレーションの計算法であるENZOとその解析ツールであるytの利用に関するワークショップを2014年11月18-21日に北大で開催しました。
    詳しくは こちら をご覧ください。

    (掲載日: 2014/12/24)
  • The Impact of Galactic Structure on Star Formation を北大にて開催
  • 上記国際研究会を2014年2月16-21日に北大で開催しました。本研究会は,銀河構造などの環境が星形成に与える影響をあきらかにすることを目的に,国内外の銀河の構造や進化星形成に関する研究者が多数参加して行なわれました。
    詳しくは こちら をご覧ください。