Responsive image

固体惑星や衛星の内部はどのような構造をしていて、どのような進化をしてきたのでしょうか。惑星探査で得られたデータの解析と地球物理学(数値計算)を組み合わせることで、この問題に挑んでいます。月、小惑星、木星系衛星の探査計画に携わっています。

連絡先

  

〒060-0810 北海道札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学理学部8号館 8-2-10号室

  011-706-3566

新着情報

2019/3/15 【一般】神奈川県立希望ケ丘高校の生徒研究成果発表会とSSH運営指導委員会(相模原市)に参加しました。
2019/3/5 【発表】氷天体の進化に関する講演を第1回水惑星学国際ワークショップ(東工大)にて行いました。
2019/2/19 【発表】ガリレオ衛星の進化に関する招待講演を惑星圏研究会(東北大学)にて行いました。
2019/2/18 【発表】水星の起源に関する招待講演を惑星圏研究会(東北大学)にて行いました。
2018/12/22 【発表】冥王星の内部構造に関する研究成果を第2回「水惑星学の創成」全体会議(神戸大学)にて発表しました。
2018/11/20 【論文】月の反射スペクトルに関する共著論文(主著は晴山助教 [聖マリ医大])がIcarus(欧州惑星科学雑誌)に受理されました。
2018/11/17 【一般】市立札幌開成中等教育学校の5年次生を対象に、火星の地形図を自分たちで作ってみる授業を行いました。
2018/11/16 【一般】神奈川県立希望ケ丘高等学校における課題研究中間発表会とSSH運営指導委員会に参加しました。
2018/11/8 【教育】東大大学院生を対象に、冥王星の研究最前線に関する講義を東大理学部において行いました。
2018/10/24 【論文】日本惑星科学会 2017年度 最優秀研究者賞 受賞記念論文が遊星人(日本惑星科学会 学会誌)に受理されました。

研究紹介

Card image cap Courtesy NASA/JPL/SSI
氷衛星
Read more
Card image cap Courtesy NASA
Read more
Card image cap Courtesy NASA/JHUAPL/SwRI
冥王星
Read more