各種申込
各種申込とお支払について
(1)申込方法
  オンラインによる参加登録申込等を受付けます.申込は近畿日本ツーリスト且D幌事業部(以下KNT)が窓口となります.大会参加登録フォーム又は大会申込用紙にてお申込下さい.参加登録・見学旅行・懇親会・講演要旨集追加注文・お弁当及び割引航空券・宿泊を同時に申込可能です.
(a) 大会登録フォームによる申し込み:申込フォームに必要事項を記入して送信
(b) FAXによる申し込み:申込用紙に必要事項を記入の上,KNT (011-280-2732)宛送信

(2)申込受付受理
  申込受付後,KNTより「受付確認書」をe-mail又はFAXにてご連絡申し上げます.その際,「登録番号」が必ず記載されております.こちらの「登録番号」はその後の問合せ,変更,取消等に必要となりますので,恐れ入りますが失念されぬようお願い致します.

(3)申込締切  8月8日(水)18:00

(4)お支払方法
  銀行振込・クレジットカード決済をお選び頂けます.申込締切後,参加者の皆様へ「予約内容確認・ご請求書」を送付致します.銀行振込ご希望の方は,請求書に記載されている振込口座へ指定期日までにお振込み下さい.クレジットカード決済希望の方は,登録申込の際必ずクレジット番号などの必要事項をご記入下さい.振込期日に合わせてご指定のクレジットカードに課金致します.カード会社よりお客様に送付される明細には学会名ではなく「近畿日本ツーリスト梶vと表示されます.

(5)参加証・各種クーポンの送付
  振込期日後,お支払いの確認が取れている方へ順次発送致します.大会開催1週間前には参加者の皆様のお手元に届くようお送り致します.お支払いの確認が取れていない方へはご送付できませんので,皆様の振込期日厳守を何卒よろしくお願い致します.

(6)取消に関わる返金
  所定の取消料の他に返金振込料を差し引いた額を大会終了後お返し致します.クレジットカードにてお支払の場合は,ご利用頂いたカードへご返金となります.

(7)申込後の変更・取消
  申込後に変更・取消が生じた場合は,KNT宛FAX又はe-mailにてご連絡下さい.その際申込受付時に案内される「登録番号」及び「大会名」「氏名」を必ず明記下さい.

参加登録フォームからは、*印の項目について予約ができます.
 
 
〆切
申込方法
申込・問い合わせ先
1 参加登録および参加登録費 8/8 18:00
大会申込用紙 or
WEB登録フォーム
近畿日本ツーリスト(株)
2 一般講演申込・講演要旨の投稿
WEB〆切:
7/3 17:00
 郵送〆切:6/26
必着
大会申込用紙 or
WEB登録フォーム
行事委員会
3 ランチョン・夜間小集会 7/3
FAX/e-mail
行事委員会
4 講演要旨集のみの予約頒布 8/8 18:00
大会申込用紙 or
WEB登録フォーム
近畿日本ツーリスト(株)
5 見学旅行 8/8 18:00
大会申込用紙 or
WEB登録フォーム
近畿日本ツーリスト(株)
6 書籍販売・機器・見本の展示 8/10
FAX/e-mail
北大生協
7 賛助会員・企業等地質学関係団体展示 8/10 FAX/e-mail 札幌大会実行委員会
8 同窓会 8/31 FAX/e-mail 札幌大会実行委員会
9 懇親会 8/8 18:00
大会申込用紙 or
WEB登録フォーム
近畿日本ツーリスト(株)
10 保育室利用 8/24
e-mail
コティ(株)
11 宿泊・交通(航空券・JR)の予約 8/8 18:00
大会申込用紙 or
WEB登録フォーム
近畿日本ツーリスト(株)
12 お弁当の予約 8/8 18:00
大会申込用紙 or
WEB登録フォーム
近畿日本ツーリスト(株)
13 生徒「地学研究」発表会 7/20 FAX/e-mail 地学教育委員会

 1.参加登録申込および参加登録費(講演要旨集付き)について<〆切8月8日(水),近畿日本ツーリスト扱い>

  当日会場受付での混雑緩和のため,事前に大会参加登録をお願いします.大会参加登録およびそれに伴う参加費は,全ての参加者(見学旅行のみの場合も)に必要な基本的なお申し込みです.ただし,会員が同伴する非会員の配偶者ならびに子供については必要ありません.


*参加登録費(講演要旨集付きです。講演要旨集が不要の場合でも割引はありません。)
正会員 7,500円(当日払い 9,500円)
院生割引会費適用正会員 4,500円(当日払い 6,500円)
・学生会員   ・名誉会員
・50年会員

・非会員の学部学生
500円(注:講演要旨は付いていません)
非会員(一般・院生) 12,000円(当日払い 15,000円)
・非会員の招待講演者 参加費無料(注:講演要旨は付いていません)
・会員が同伴する非会員の家族 参加費無料(注:講演要旨は付いていません)
 *シンポジウムの共催団体に会員として所属する方の参加登録費は学会員と同額になります。
 *なお、大会に参加できなかった場合は、大会後に講演要旨集をお送りします。参加登録費用の返却はいたしませんのでご了承下さい。


<FAX・郵送での申込先>
〒060-0003 札幌市中央区北3条西1丁目1-1
札幌パナソニックビル4F

近畿日本ツーリスト(株)札幌事業部
日本地質学会札幌大会 受付担当デスク
e-mail : hkd-ec@or.knt.co.jp
TEL011-280-8855
FAX 011-280-2732

FAX・郵送用の申込用紙を下記からダウンロードしてご利用下さい.

 2.一般講演の募集について<〆切 オンライン:7月3日(火),郵送:6月26日(火) 行事委員会扱い>
オンラインで講演申込をする場合は,まず参加登録の手続きを行って下さい!


【講演申込画面の会員番号の記入に関して】

会員番号は毎月送付される、「地質学雑誌の封筒の名前の下にある7桁の数字」で,最初の2桁は,誕生年(西暦)の下2桁です.
講演申込時に、会員番号は,入力していただければ助かりますが,入力の必須項目(緑の▲▲がついている箇所)ではありませんので,今回は不明なら入力しなくても、空欄のまま先に進んでいただけます。共著者分も同じです.



  9月9日〜9月11日の3日間(いずれも午後)での一般発表を募集します.下記の要領にて口頭,ポスター発表を募集します.できる限りオンラインでの申込みにご協力下さい.やむを得ず郵送で申込む場合は,申込フォームに必要事項を記入の上,返信用(自分宛)の官製ハガキ,保証書・同意書,講演要旨とともに6月26日必着で行事委員会宛にお送り下さい.プログラムの編成が終わり次第,発表セッションや発表日時などをe-mailで通知します(郵送の場合は返信ハガキ).なお,発表セッションや会場・時間などのプログラム編成につきましては,各セッションの世話人の協力を得て,行事委員会が決定します.

(1)セッションについて
 本年会は,9月9日(日)〜9月11日(火)の3日間で一般発表を行います.専門部会の提案などにより22件の定番的セッションと,4件のトピック・セッションを設けました.

(2)講演に関する条件
 日本地質学会の会員は,口頭発表かポスター発表かのいずれかの方法で,1人1題に限り講演を行うことができます.共同発表の場合は上記の条件を講演者(=筆頭発表者)に適用します.非会員は筆頭発表者になれませんので,必ず6月26日までに入会手続きを行って下さい.入会申込書が届いていない場合は,講演申込みは受理されません.

(3)招待講演について
 トピック・セッションに認められる招待講演は非会員のみとします.招待講演は1セッションにつき,半日あたり1講演に限ります.招待講演についても申込期日までに一般発表と同様にお申込下さい(世話人が取りまとめでオンライン入力をすることは可能です).

(4)講演申込上の注意
1) オンライン申込みは,「札幌大会講演申込フォーム」にアクセスし,入力フォームに従って講演申込の手続きを行って下さい.
2) 講演方法については,「口頭」「ポスターセッション」,「どちらでもよい」のいずれかを選択して下さい.ただし,申込締切後の変更はできません.
3) 発表題目,発表者氏名について,必ず登録フォームと講演要旨の両方を一致させて下さい.
4) 共同発表の場合は全員の姓名を完記して下さい.
5) 発表を希望するセッションを第2希望まで選んで下さい.
6) コメント欄について:発表の対象とする地域の記入を要するセッションについてはこの欄に国名・県名等を入力して下さい.また,関係する一連の発表があるときは,その順番希望などもこの欄に入力して下さい.
7)
口頭発表会場には液晶プロジェクターとWindowsパソコンを用意します.ただし講演申込時に,講演申込書の発表方法欄のOHPあるいはスライドをチェックされた方は,オーバーヘッドプロジェクター(OHP)あるいは35mmスライドプロジェクターを使用することができます.また液晶プロジェクターを使用される方は,緊急の場合に備え,発表用OHPを用意されることを推奨いたします.Macパソコンを使用される方は世話人とご相談下さい.

(5)講演要旨原稿の投稿について<原稿締切 オンライン:7月3日(火)17:00,郵送:6月26日(火)必着>
 例年と同様に講演要旨をAdobe社が策定したPortable Document Format(PDF)のファイルで電子投稿していただきます.一般講演およびシンポジウムの原稿はA4判1枚(p.(*)のフォーマット参照)で,印刷仕上がり0.5ページ分です.1ページに2件分ずつ印刷します.原稿はそのまま版下となり,70%程度に縮小して印刷されます.文字サイズ,字詰めおよび鮮明度には十分配慮し,PDFファイルを作成して下さい.やむを得ず郵送する場合は,オリジナルか,鮮明にコピーした現物を1枚だけ郵送(差し支えなければ折りたたみ可)して下さい.FAXやe-mailでの原稿送付は受け付けません.

 講演要旨原稿の倫理責任と著作権管理,引用方法,校閲について
(1)講演要旨原稿の倫理責任と著作権管理
  2003年1月から日本地質学会の出版物への投稿原稿に対して,その倫理性について著作者に保証して頂くために「保証書」に,また著作権を日本地質学会に譲渡することを同意する「著作権譲渡同意書」に,それぞれ署名捺印をして提出していただくことになりました.本大会では,電子投稿のため,画面上で「保証書」と「著作権譲渡等同意書」に同意していただいた場合に限り,電子投稿の画面に進むことができるようになっています.郵送の場合は,p.(8)の保証書及び同意書に署名捺印をして,講演要旨と共にお送り下さい.「保証及び著作権譲渡等同意書」が同封されていない講演申込みは受け付けられません.

(2)講演要旨における文献等引用方法
  要旨においては引用文献の記載方法は簡略化することが慣習として認められていますが,著者名,発表年,掲載誌名などを明記し,引用文献が特定できるようにして下さい.

(3)講演要旨の校閲
  行事委員会は,申し込まれた講演について,会則第4条に示されている日本地質学会の目的ならびに日本地質学会倫理綱領に反していないかということについてのみ校閲を行います.校閲の結果,いずれかの条項に反していると判断された場合には,行事委員会は講演内容の修正を求めるか,あるいは講演申込を受理しないことがあります.行事委員会の措置に同意できない場合には,当該講演申込者は法務委員会(東京都千代田区岩本町2-8-15井桁ビル 日本地質学会事務局気付)に異議を申し立てることができます.法務委員会は直ちに審理し,結論を行事委員会ならびに異議申立者に伝えることになります.
  この受理方法は,招待講演者にも適用されます.

●講演申し込み異議申し立てについて
 
日本地質学会行事委員会は,学術大会において学会の目的及び倫理規定に反する講演申し込みのあった要旨に対して,修正あるいは,受理を拒否することができます.法務委員会では,日本地質学会行事委員会規約に基づき,異議申立の手続及びその処理についての規則を定めています.

日本地質学会法務委員会
 講演要領
(1)口頭発表
1) 講演時間は1題あたり15分(討論時間3分を含む)です.講演者は,討論など待ち時間を十分考慮し余裕を持って講演を行って下さい.
2) 各会場には,液晶プロジェクター,Windowsパソコンを各1台とスクリーン1幕を設置します(7.一般発表の募集について(4)-7)を参照).


(2)ポスター発表
1) 1題について1日間掲示できます.各日とも発表者はコアタイム(開催日によって異なる)にその場に立会い,説明をするものとします.設置,撤去時間等については,本誌8月号に掲載されるプログラムを御覧下さい.
2) ボード面積は1題あたり,縦210cm,横90cmです.
3) 発表番号・発表名・発表者名をポスターのタイトルとして明記して下さい.
4) 掲示に必要な画鋲等は,発表者がご持参下さい.
5) ポスター会場では,コンピューターによる発表や演示等も許可しますが,使用する機器については発表者がご準備下さい.また,電源は確保できませんので,予備のバッテリーをご用意下さい.講演申込みの際に機器使用の有無や小机の必要性をコメント欄に記入し,事前に世話人ご相談下さい.
6) 運営細則第11条(6)項により,優れたポスター発表に対して「日本地質学会優秀講演賞」を授与いたします.具体的な事柄については,プログラムに掲載しますのでご注目下さい.


(3)発表者の変更
  あらかじめ連記されている共同発表者内での変更は認めますが,必ず事前に行事委員会へ連絡して下さい.この場合も筆頭講演者については7項の(2)の条件が適用されます.

(4)口頭発表の座長の依頼について
  セッションによっては各会場の座長を参会者にお願いすることになります.あらかじめ座長依頼を差し上げることになりますが,その際にはぜひともお引き受けいただきたく,ご協力をお願いします.

 3. ランチョン・夜間小集会の申込<〆切 7月3日(火)必着,行事委員会扱い>

  9月10日(月),11日(火)に、「ランチョン」あるいは「夜間小集会」(9月10日:18:00〜20:00,11日:17:30〜19:00(予定))の開催を希望する方は,(1)集会の名称,(2)世話人氏名,(3)集会内容(50字以内),(4)参加予定人数,(5)OHP・液晶プロジェクターの要・不要,(6)その他特記すべきこと,をハガキに明記して(e-mailも可),行事委員会(main@geosociety.jp)宛に申込んで下さい.申込締切は7月3日(火)です.なお,世話人の方は,終了後集会の内容をニュース誌の大会記事用原稿としてご投稿下さい(800字以内,原稿締切10月15日).
 4.講演要旨集のみの予約頒布について<予約〆切8月8日(水),近畿日本ツーリスト(株)扱い>

  大会参加費には講演要旨集の代金が含まれていますので,大会に参加される場合は別途購入の必要はありません(ただし,学生会員・名誉会員・50年会員・非会員学部生の参加費には,講演要旨集は含まれません.ご希望の方は,別途ご購入下さい).大 会に参加されない方ならびに参加する方が複数の講演要旨集を購入される場合の予約頒布です.要旨集の受け取り方法には,(1)大会後に送付,(2)会場で受取り,があります.(1)の場合は,別途送料が必要です.(2)の場合は,大会受付にて確認書の提示が必要となりますので,必ずご持参下さい.残部があ れば大会当日あるいは大会後にも頒布します.売り切れの場合はご容赦下さい.

*前金予約:会員 3,000円/冊,非会員 4,000円/冊
 (送付の場合は下記の送料を付加して下さい.)
 送料:1冊 500円,2冊 600円,3冊 800円,4冊 1,000円,5冊 1,200円
*予約外(当日販売):会員 4,000円/冊,非会員 5,000円/冊

 5.見学旅行参加申し込み要領<申し込み〆切 8月8日(水),近畿日本ツーリスト扱い>


見学旅行の申込は大会参加登録フォームまたは大会申込用紙を利用し,その他の申込とあわせてお申し込み下さい.

  総計14コースの見学旅行(A〜N班)を計画しました.見学旅行の参加申し込みは,「各種申込とお支払いについて」を参照し,申し込んで下さい.参加希望の方は,Web申込手続き手順に従って参加申込を行ってください.FAXでのお申し込みは,大会申込用紙を用い,近畿日本ツーリスト宛に大会参加申込みと一緒に申込んで下さい.見学旅行だけに参加する場合も大会参加登録ならびに参加登録費は必要です.見学旅行と大会参加登録の申込みを合わせて行って下さい.申込締切後,近畿日本ツーリストから料金を請求いたします.

(1) 申込みに際し,希望の班が満員の場合に備え,@キャンセル待ち,A第2希望の班の指定,B他班希望なくキャンセル待ちせず,のいずれかを必ず指定して下さい.
(2) 参加申込人数が各見学コースの実施最小人数に達しなかった場合,見学旅行を中止することがありますので,早めに申込んで下さい.
(3) 非会員の方は,申込締切時点で定員に余裕があれば参加可能となりますので,あらかじめ申込んでおいて下さい.
(4) 日本地質学会ならびに同札幌大会実行委員会は見学旅行参加者に対し,見学旅行中に発生する病気,事故,傷害,死亡等に対する責任・補償を一切負いません.これらについては,見学旅行費用に含まれる保険(国内旅行傷害保険団体型)の範囲でのみまかなわれます.
(5) 子供同伴など特別な事情がある場合は,申込前に見学旅行係へあらかじめ問い合わせて下さい.
(6)
参加取消しの場合は必ずFAX又はe-mailにて近畿日本ツーリスト宛連絡して下さい.その際,大会名・氏名・登録番号・内容を必ずご記入下さい.費用送金の如何にかかわらず,申込み受付後は取消料が発生します.申込受付締切後出発の3日前までは参加費用の50%(出発の2日前以降の場合は全額)を取消料としていただきます.万一,費用の振込み後に取消しされた場合は,所定の取消料,返金振込料を除いた金額をお返しすることになりますのでご了承下さい.カードにて支払をされた方へは,カードに返金いたします.
(7)
集合・解散の場所,時刻などを変更することもありますので,大会期間中は掲示などの案内に注意して下さい.
(8) 見学旅行の解説は案内書を使って行います.参加申込時に「見学旅行案内書の予約頒布について」を参照し,あらかじめ予約購入してください.


 
問い合わせ先:札幌大会見学旅行担当
新井田清信*(706-2729,kiyo@mail.sci.hokudai.ac.jp
川上源太郎(747-2447,kawakami@gsh.pref.hokkaido.jp 道立地質研)
 ●6.見学旅行案内書の予約頒布について<申し込み〆切 8月8日(水),近畿日本ツーリスト扱い>

  大会に参加されない方でもご購入いただけます.申込は,「各種申込とお支払いについて」を参照し,申し込んで下さい.なお,見学旅行案内書は,地質学雑誌の補遺版(CD)として, 12月号刊行時に会員配布されます.
 案内書の受け取り方法には,(1)大会後に送付,(2)会場で受取り,があります.(1)の場合は,別途送料が必要です.(2)の場合は,大会受付にて確認書の提示が必要となりますので,必ずご持参下さい.大会前日(9月8日)の見学旅行参加者は旅行中に,大会後(9月12-14日)の見学旅行参加者は会場の受付にて受取って下さい.
 残部があれば,大会当日あるいは大会後にも頒布します.売り切れの場合はご容赦下さい.

*価格: 2400円/冊(送付の場合は下記の送料を付加して下さい.)
 送料:1冊 500円,2冊 600円,3冊 800円,4冊 1,000円,5冊 1,200円

 7.書籍類の販売および見本展示,機器等の展示・販売申込<〆切8月10日(水),近畿日本ツーリスト扱い>

  年会開催期間中の展示・販売等は,9月9日(日)〜11日(火)(会場:北海道大学)の3日間とします.問い合わせおよび申込は,8月10日(金)までに直接北大生協(下記)へお願いします.

〒060-0808 札幌市北区北8条西8丁目 北海道大学生活協同組合
担当:印刷・情報サービス部(高橋雅治),e-mail : takahashi@coop.hokudai.ac.jp,TEL. 011-747-8886
FAX. 011-756-7971


 8.企業・研究機関等地質学関係団体展示会の出展募集<〆切 8月10日(金),実行委員会扱い>

  地質関係機関,企業の活躍を地質学会会員に紹介するためのパネル・展示物の展示会場を設置いたします.会社紹介,研究紹介など内容は自由に構成していただき,多くの企業,機関,団体がご参加下さるようお待ちしています.展示パネルは幅90cm×高さ200cmを単位とし,出展費は1単位あたり1万円,複数単位も可能です.ブースの場合は,間口4m×奥行2mを単位として,1ブースあたり5万円をいただきます.会場設備の都合上,電源を必要とする機器を持ち込みされる場合には,7月13日(金)迄に展示会場係にご相談下さい.この他色々なバリエーションについてもご相談に応じます.
なお,本大会への協賛企業・日本地質学会賛助会員は出展料が無料です

申込み方法:電話,FAX,e-mailいずれかでお願いします.
申込・問い合わせ先:
〒060-0810 札幌市北区北10条西8丁目 北海道大学大学院理学院自然史科学専攻地球惑星システム科学講座内
出展申込先: 2007年札幌大会実行委員会パネル・展示会場係
阿波根直一(TEL 011-706-4640,FAX 011-746-0394,e-mail: ahagon@mail.sci.hokudai.ac.jp

 9.懇親会参加申し込み要領 <申し込み〆切 8月8日(水),近畿日本ツーリスト扱い>

  懇親会は,9月9日(日)表彰式・記念講演会終了後,北海道大学生協北部食堂で行います(18:00頃〜19:30).会費は以下のとおりです。
予約申し込みは,「各種申込とお支払いについて」を参照し,大会参加申し込みと合わせて8月8日(水)までにお申し込み下さい.


会費:正会員 5,500円
名誉会員・院生割引会費適用正会員・学生会員および会員の家族 2,000円
(非会員の会費は会員に準じます)
*余裕があれば当日参加も可能.予定数に達し次第締切ます.会費は1,000 円高くなります

  当日は参加証を受付にご持参下さい.なお,参加取り消しの場合でも会費の返却はいたしませんのでご了承下さい.


<問い合わせ:札幌大会懇親会担当>
西 弘嗣*(706-3538,hnishi@mail.sci.hokudai.ac.jp)・入野智久(706-2226,irino@ees.hokudai.ac.jp
 
 10.保育室の開設 <利用申し込み〆切 8月24日(金),コティ(株)北海道統括部扱い>

  乳幼児・児童を同伴する大会参加者のため,大会会期中,下記の要領で保育室を開設します.利用希望の方は要領を参考に,申し込んでください.不明な点があれば,担当者まで問い合わせください.


(1)保育室利用要領
 1) 申し込み先:
   「2007年日本地質学会託児室申込書」に必要事項を記入のうえ,下記アドレス宛にe-mailまたはFaxにて送付ください.


株式会社 コティ 北海道統括部 担当:国田
 Fax:011-231-7202  e-mail:kunita@coty.co.jp

託児室申込用紙を下記からダウンロードしてご利用下さい.



  ※大会参加登録フォームからは申し込みできませんので,ご注意ください.

 2) 申し込みの際の必要事項
   1.保護者氏名:地質学会員は学会登録名にてお願いします.パートナーと一緒に学会参加される方は,パートナー氏名もあわせて連絡ください.
   2.子供の氏名,性別,生年月日
   3.利用希望時間:9月9日(日)〜11日(火)の3日間について,それぞれ利用希望時間.
     ※保育室の利用可能時間は9:00〜20:00です.
   4.緊急連絡用の携帯電話等番号
   5.アレルギーの有無,その他注意事項
 3) 利用にあたり,事前に健康状態等に関する問診票の記入が必要です.所定の問診票に記入のうえ,当日,保育室までお持ちください.問診票の書式は,地質学会の第114年学術大会ホームページの「各種申込」からダウンロードできます.
 4) 受付締切日以降の申し込みは原則としてお受けできません.必ず受付締め切り日までにお申し込みください.保育のキャンセル・時間変更等は,9月7日(金)までに株式会社コティ北海道統括部まで連絡ください.これ以降のキャンセルについては,キャンセル料がかかる場合があります.利用当日の時間変更・延長は,原則としてできません.
 5) 授乳等で部屋の使用を希望される方,上記以外の時間に保育を希望される方は,事前にご相談ください.
 6) 利用申込受け取り後に確認のご連絡をさせていただきます.申込されてから3日以内(土日除く)に確認の連絡がない場合は,お手数ですが潟Rティ北海道統括部(011-231-7201)までご連絡下さい.


(2)保育室設置要領
 1) 保育室の運営は,「株式会社 コティ 北海道統括部」がお世話いたします.
 2) 設置期間:9月9日(日)〜11日(火) 9:00〜20:00まで.
 3) 保育対象年齢は生後満2ヶ月〜小学校低学年(9歳)までとなります.障害をお持ちの子供の保育は,株式会社 コティ 北海道統括部(担当:国田)までお問い合わせください.
 4) 保育室:大会会場となる北海道大学高等教育センターの一室を使用します.部屋番号等が決定しだい,株式会社コティより利用希望者へ連絡いたします.大会受付にも保育室 の場所等の情報を掲示する予定です.床にはパズルマットを敷き詰め,午睡用の寝具(布団,ベビーベッド等),遊具を用意します.トイレは保育室の近くにあります.
   ※札幌コンベンションセンターには託児所はありませんので,ご注意願います.
 5) ミルク・食事・おやつ・飲料水を除く飲み物等,常用薬については保護者の方でご準備ください.食事の時間等に外へ連れ出しても結構ですが,その場合必ずシッターに知らせてく ださい.
 6) 保育室には,電気ポット,寝具(布団,上掛け他),おもちゃ,紙コップ,飲料水を準備する予定です.
 6) 利用料金は一時間あたり800円程度(1名利用の場合)を予定しておりますが,年齢・利用者数により変動する場合があります.利用料金は,利用当日に保育室のシッターに,現金にて直接お支払いください.クレジットカード・銀行振込によるお支払いは受け付けておりません.
 7) 上記の料金には,傷害保険料が含まれております.
 8) 保育利用者数に応じてシッターの配置数を決定しますので,利用希望の方は必ず事前に申し込みください.
 9) 病気・事故:日本地質学会ならびに北海道大会準備委員会は,保育時における病気・事故等に対する責任を一切負いません.保護者の責任において対応ください.事故の補償は,株式会社コティが加入する保険(ベビーシッター総合補償制度:対人賠償1事故最高5億円(1名あたり上限1億円),対物賠償1事故最高500万円)の範囲でまかなわれます.万が一事故が起きた場合は,その損害額は上記保険にて補填される限度とすることをご承諾ください.当該補填額を超える損害等については責任を負いかねますので,ご了承願います.
 10) 学校法定伝染病などの場合には託児をお断りいたします.病児保育については,軽い病気の場合には,シッターと相談の上,最終的に保護者様に判断して頂きます.ただし,他のお子様との集団生活であることも考慮し,通常の保育園等と同様の基準でご判断下さい
 11) 大会期間中の急病等緊急の場合には,保育室に掲示の情報(休日担当医および近隣の病院に関するもの)をご利用ください.不明の点については,気軽にシッターにご相談ください.
 12) 託児室内の安全については託児開始前に確認いたします.それ以外の場所については屋内外を問わず危険個所が存在する可能性もあり得ますので,託児時間以外はお子様から目を離さず,危険な場所に近づかぬよう,くれぐれもご注意ください.


(3)託児当日について
 1) 利用初日には,申し込み時に株式会社コティ宛てお送りいただいた「託児申込書」に捺印の上,保育室シッターにお渡しください.
 2) 利用日ごと(初日のみではありません)に,所定の「問診票」をシッターにお渡しください.アレルギーの有無やお子様の体調等についての質問項目がありますので,必ずご利用日ごとにご記入・ご提出をお願いいたします.
 3) 学会にご夫婦で参加される場合,お子様をお預けになる初日は,できましたらパートナーの方もご一緒においでください.お預けになる方とお迎えに来られる方が違う場合は,特にご一緒においでくださるようにお願いいたします.
 4) 持参された食事,おやつ,着替えなどは,問診票と一緒にシッターにお渡し下さい. (詳しくは以下の5) 持ち物 の欄をご覧下さい)
 5) 当日は,以下のものをお持ちください
  ○食べ物(必要なお子様のみ)
  ○飲み物(飲料水は用意しておりますので,特に必要なお子様のみ)
  ○着替え
  ○タオル(乳児のお子様はバスタオル1枚)
  ○エプロン
  ○おしぼり
  ○汚れ物袋(スーパーのビニール袋など):必要枚数ご持参下さい.
  ○ミルク(必要なお子様のみ):必要回数分のミルクと哺乳瓶をご持参ください.
  ○おむつ(必要なお子様のみ):お尻ふきもあわせてご持参下さい.
  ※飲食物のアレルギーがある場合は,必ず問診票に明記し,受付時にシッターにお伝えください.
  ※紙コップを用意しておりますが,紙コップを使う事が難しいお子様については,できるだけマグカップ類をお持ち下さい.
  ※ おもちゃは託児室に用意しておりますが,特に必要な場合は事前に相談ください.
  ※持ち物にはすべて名前を書いて,一つの荷物にまとめてご持参下さい.
 6) お子様への投薬全般は保護者の方にしていただきます.
 7) 緊急時の呼び出しについて
  ○急な発熱,不測の事態などには,基本的に保護者様にご対応をお願いしております.当日の参加会場および携帯番号を問診票にお間違いのないように記入して下さい.建物内は電波状況が悪い場合もありますので,参加予定会場と携帯以外の緊急連絡先も必ずご記入下さい.
  ○万が一保護者様に連絡がとれず緊急の際は,シッターがお子様を医療機関にお連れする場合がございますので,ご了承下さい.
 8) お迎えの時間は厳守お願いいたします.
 9) 保育室利用者の手荷物等については,ベビーカーおよびお子様の保育に必要なものについてのみ,保育室でお預かり可能です.

(4)保育室担当者
  1) 日本地質学会北海道大会準備委員会
   担当:廣瀬 亘
     〒060-0819 札幌市北区北19条西12丁目 北海道立地質研究所地域地質部
      Tel: 011-747-2446(直通) Fax 011-700-5033 e-mail: wathiro@gsh.pref.hokkaido.jp
  2) 保育室運営・利用申し込み・問い合わせ先:
   株式会社 コティ 北海道統括部 担当:国田
    〒060-0003 札幌市中央区北3条西2丁目 MID北3条ビル7F
    Tel: 011-231-7201 Fax:011-231-7202 
    フリーダイヤル0120-552-415(月〜金 9:00-18:00)e-mail:kunita@coty.co.jp

  上記のほか,託児当日についての詳細などは、大会HP または,申込時にご確認下さい。


申込ページTOPへ戻る
 11.宿泊・交通(航空券・JR)の予約,お弁当予約販売 <申し込み〆切 8月8日(水),近畿日本ツーリスト扱い>

  札幌駅周辺での宿泊,割引航空券の斡旋になります.
  詳細は「航空券・宿泊予約ページ」をご覧になり,「各種申込とお支払いについて」を参照し,お申し込み下さい.


  9月9日(日)〜9月11日(火)には昼食用の弁当販売をいたします(1個700円,お茶付き).大会参加申し込みと合わせて,8月8日(水)までにお申し込み下さい.また,お弁当利用日より9日前〜前日までは50%、当日は100%のキャンセル料がかかります.
 12.同窓会  <代表者申込締切 8月31日(金),実行委員会扱い 注意:個人による事前申込は不要>

  今回新しい試みとして,懇親会終了後に各大学同窓会を開催します.実施要領は以下のとおりです.各大学はふるってご参加ください.

  現在,以下の大学・学科が懇親会後の同窓会に申し込まれています.以下の大学・学科の方で,各大学・学科が実施する同窓会の内容に質問のある方は,代表者に直接ご連絡下さい.同窓会の会場には,まだ十分余裕があります.各大学・学科で同窓会の開催を希望される方は,予約なしでも懇親会後に開催出来ますが,準備の都合もありますのでなるべく9月5日までに竹下(torutake@mail.sci.hokudai.ac.jp)までご連絡下さい.

 大学・教室名 代表者名 メールアドレス 携帯番号

やまぎり会(東京教育大ほか): 秋山雅彦 mhakiyama@nifty.com

茨城大学: 天野一男 kazuo@mx.ibaraki.ac.jp 090-2942-3663

筑波大学地球科学科: 久田健一郎 hisadak@arsia.geo.tsukuba.ac.jp

山形大学地球科学科,地球環境学科: 高橋直樹 takahashin@chiba-muse.or.jp 043-265-3111

千葉大学: 阿部信太郎 shintaro@criepi.denken.or.jp

広島大学: 早坂康隆 hayasaka@geol.sci.hiroshima-u.ac.jp

北海道大学: 在田一則 arita@ep.sci.hokudai.ac.jp 011-706-2724

愛媛大学: 榊原正幸 sakakiba@ehime-u.ac.jp

東北大学地質学古生物学教室: 井龍康文・木幡彰子 iryu@dges.tohoku.ac.jpkohata@mail.tains.tohoku.ac.jp

金沢大学: 石渡 明 geoishw@kenroku.kanazawa-u.ac.jp 076-264-6522

横浜国立大学: 石川正弘 ishikawa@ynu.ac.jp


(1)日時・場所: 9月9日(日)20:00-21:00,生協食堂南テラス(懇親会会場となり).
(2)参加者は入場の際,どこの同窓会に参加するか,受付で申し出てください.
(3)各同窓会は,参加人数×500円(スナック・ソフトドリンク代・会場経費)を準備委員会に支払ってください.
(4)酒類はすべて参加者が準備して下さい.スナック,ソフトドリンク,紙コップは提供します.


同窓会メニュー:
  懇親会後の二次会(同窓会)に関して,北海道大学生協で以下のメニューをご用意いたしました.ご利用ください.
  お一人様税込み1,260円で、以下の内容です。
  
  ビール大瓶1本,枝豆40g,フレンチポテト40g,ハム1枚,チーズ合鴨スモーク&タマネギS30g
  スモークサーモン&タマネギS40g,ウィンナー1本

  アルコールは当日も会場で何種か用意して販売致します.御料理はお皿に何人分かを盛りつけててお渡し致します.御検討下さい。
  締め切り:8月31日
  申し込みの際は,代表者のお名前,ご連絡先,注文個数をお忘れなくご連絡ください.また,メール等には「二次会メニュー申し込み」とお書きください。

  連絡先:高橋雅治 北海道大学生活協同組合・印刷・情報サービス部
Tel. 011-747-8886,Fax. 011-756-7971 学内内線:2084 ,
takahashi@coop.hokudai.ac.jp




(5)同窓会参加希望校代表者は,8月31日までに竹下(torutake@mail.sci.hokudai.ac.jp)までお申し込みください.各個人が,参加を事前に申し込む必要はありません.なお,当日は,旗や幟など学校名が遠目にもわかるものや,最近の活動を紹介するパンフレット等をご準備いただくと良いと思います.

申込ページTOPへ戻る