水産放浪歌
(1,2,3 了あり)

富貴名門(ふうきめいもん)女性(じょせい)(こい)するを
純情(じゅんじょう)(こい)(だれ)()うぞ。
暗鬼紅灯(あんきこうとう)(ちまた)彷徨(さまよ)女性(じょせい)
(こい)するを不情(ふじょう)(こい)(だれ)()うぞ。
雨降(あめふ)らば雨降(あめふ)るもよし
風吹(かぜふ)かば風吹(かぜふ)くもよし
月下(げっか)酒場(さかば)にて(こび)()女性(じょせい)にも
純情可憐(じゅんじょうかれん)なる(もの)あれ。
(おんな)膝枕(ひざまくら)にて一夜(いちや)快楽(けらく)
(とも)(すご)さずんば
人生夢(じんせいゆめ)もなければ(こい)もなし。
(とどろ)雷鳴(らいめい) (にぎ)舵輪(だりん) 
(にら)むコンパス六分儀(りくぶんぎ)
(われ)海行(うみゆ)鴎鳥(かもめどり) さらば(うた)わん(かな)
(われ)らが水産放浪歌(すいさんほうろうか)

1.
心猛(こころたけ)くも鬼神(おにがみ)ならず
(おとこ)(うま)れて(なさけ)はあれど
(はは)見捨(みす)てて浪越(なみこ)えてゆく
(とも)兄等(けいら)何時(いつ)また()わん

2.
朝日夕日(あさひゆうひ)をデッキに()びて
(つづ)海原一筋道(うなばらひとすじみち)
大和(やまと)男子(おのこ)(こころ)()めて
()くや万里(ばんり)荒波越(あらなみこ)えて

3.
(なみ)彼方(かなた)南氷洋(なんぴょうよう)
(おとこ)多恨(たこん)()()てどころ
(むね)()めたる大願(たいがん)あれど
()きて(かえ)らじ(のぞ)みは()たじ

注 成立事情不明なるも蒙古放浪歌
(仲田三孝作詞、川上義彦作曲)の
換え歌と推定される。