平成三十年度寮歌
広がりし海原に
樋浦一希君 作歌・作曲
(2,5 繰り返しなし)

1.
(はる)あけぼのの(ゆめ)()
カムイの(こえ)(みちび)かれ
(ふね)をこぎいで(なが)()
北都(ほくと)夜明(よあ)けの金字塔(きんじとう)
(ひろ)がりし草原()に ひとりたち
はるかなる大雪(ゆき)(やま)
のぞみみん

2.
(なつ)宵闇(よいやみ)緑風(りょくふう)
(もり)葉音(はおと)(あめ)ときき
(にれ)木立(こだち)をさまよえば
(くれない)はゆる山小屋(こや)ひとつ
(ひろ)がりし高原()に ひとりたち
はるかなる天空(そら)(ほし)
()()びん

3.
(あき)夕暮(ゆうぐ)れの鹿(しか)()
(めぐ)みの季節(とき)()ぎゆきて
入日(いりひ)(あかね)(なんだ)する
(ふゆ)(おと)せまりき危機(きき)焦燥(しょうそう)
(ひろ)がりし牧野()に ひとりたち
はるかなるシベリア(きた)(かぜ)
()霧散(ちら)

4.
(ふゆ)つとめてのゆめうつつ
かそかに(とお)銀狼(ぎん)咆哮(こえ)
()てつく(さむ)さに()()こし
(むね)()めたる青写真(あおじゃしん)
(ひろ)がりし雪原()に ひとりたち
はるかなる白雲(くも)(さき)
(たび)()

5.
(いま)祭日(まつりび)(たけ)()
寒風(かんぷう)蒼碧(そら)(つらぬ)かん
大地()()るがして(かぜ)おこる
新風(しんぷう)破天(はてん)新時代(しんじだい)
(ひろ)がりし蝦夷(えぞ)寮友(とも)()
はるかなる先代(とも)(たま)
()(はな)