令和元年第百十一回記念祭歌
奔る流れ
樋浦一希君 作歌
伊藤小雪君 作曲
(1,2,3 繰り返しなし)

1.
曇天(どんてん)(ひく)晴緑(せいりょく)(やま)
(たか)くみあげて(いわ)()波間(なみま)
静寂(しじま)(そこ)(ちから)()して
()れては()える蒼銀(あおぎん)魚影(かげ)
未蕾(みらい)()ちて(はな)ならん

2.
急滝(きゅうりゅう)(たか)(くれない)木々(きぎ)
()()をうけて(うず)まく白泡(しらあわ)
一瞬(ひととき)ここに(おのれ)()して
白銀(ぎん)(きら)めけ緋赤(ひせき)川面(かわも)
(まつ)りは(たけ)(はな)たれや

3.
月影(つきかげ)(なが)原始林(もり)(つらぬ)
(まち)(かげ)(うつ)学舎(まなび)(なが)
刹那(せつな)(かがや)(われ)(いま)()きて
札幌(ひとざと)()川辺(かわべ)銀鱗(ぎんりん)
()くは次代(じだい)(はな)なれや