令和元年度寮歌
楡陵を仰いで
佐藤亮君 作歌・作曲
(1,2,3 繰り返しなし)

1.
嗚呼(ああ)悠遠(とお)()(ともしび)
(われ)らが自由(じゆう)(うつ)しなん
今宵(こよい)(おろし)()(かす)
燭台(しょくだい)(にぶ)(こえ)()らし
()(づる)(ほころ)(のぞ)かせて
(ほの)かに(ろう)(ほそ)くなりゆく
されば()(おの)(こころ)
()胸内(むねうち)(りょう)(ほこ)りよ

2.
嗚呼(ああ)悠遠(とお)()鞣物(なめしもの)
流転(るてん)(かがや)(はな)ちなん
(かつ)疾風(はやて)先人(せんじん)
(つか)(はな)さず()れを()
擦傷(さっしょう)(わず)かに()ゆれども
威風(いふう)(いま)こそ()()(いた)
されば(かん)時潮(じちょう)(おも)
()()(おも)(りょう)(ほこ)りよ

3.
先人(せんじん)(のこ)せし(たか)野心(やしん)
それにも(まさ)(えにし)()
いづれ(わか)れるその運命(さだめ)まで
(かこ)(かた)らい(おの)未来(さき)(つく)
楡陵(ゆりょう)片隅(かたすみ)()故郷(ふるさと)
()くあるべしと(だれ)()