昭和四年寮歌
黒潮鳴れる
須田政美君 作歌
森忠文君 作曲
(1,2,3,6 繰り返しなし)

1.
黒潮(くろしお)()れる滄海(わだつみ)()えて
際限(きは)()(はる)北州(ほくしゅう)()
原始(げんし)大森(もり)八光(はっこう)(ゆら)
若草(わかくさ)曠野()羊群(ようぐん)(あそ)

2.
情懐(こころ)朧月(つき)(ほの)かに(かほ)
アカシヤの白花(はな)(した)ひて(あゆ)
(こい)ふる往昔(むかし)静寂(しづ)けき名残(なご)
古塔(ことう)にひびく(なつか)しき(かね)

3.
紅光(くれなゐ)うすくエルムに()えて
草笛(くさぶえ)かそかに牧場(まきば)にながる
漂泊(さす)らひ()ける白雲(くも)(かげ)(あお)
無心(むしん)若人()らは(みどり)()せり

4.
(はて)()憧憬(のぞみ)銀河(ぎんが)()せて
玻璃(はり)永劫(えいごう)(きよ)夜空(よぞら)
神秘(くしび)皓翼(つばさ)(こえ)なく()ちつ
我等(われら)高夢(ゆめ)(なが)れゆくかな

5.
(さび)しき風声(こえ)銀雪(ゆき)(みだ)れつ
大空(おおぞら)()りて渾瞑(くら)()れゆく
(きら)めく灯影(ほかげ)常春(とこはる)謳歌(うた)
血潮(ちしお)(とも)(なほ)()()てり

6.
久遠(くおん)絢夢(ゆめ)はうづもれゆきて
哀愁(かなしみ)(とき)にしづかに()れど
(たけ)き「自然(しぜん)」と「血潮(ちしお)」の(ひと)
楡陵(おか)(なが)くうつくしく()