昭和六年閉寮記念寮歌
別離の歌
大槻均君 作歌
中村小弥太君 作曲
(1,2,3 繰り返しなし)

草木(そうもく)すら(とき)悲歌(ひか)(たん)ず、
永劫(えいごう)(とき)(なが)れの()きざるに、
(ひと)()(すべ)ての(なん)ぞはかなき。
(なつ)かしき(とも)よ、
()(りょう)(おも)(うか)べて心静(こころしず)かに
別離(べつり)(うた)」を(かな)でん。

1.
高遠(たかき)(ほこ)自治寮(じちりょう)
(ほし)永遠(とこしへ)(なが)れては
春秋(しゅんじゅう)ここに二十六(にじゅうろく)
()きて(かえ)らぬ春風(はるかぜ)
(うら)今宵󠄁(こよい)若草(くさ)(うえ)
これ先人(せんじん)(ゆめ)(あと)かな

2.
(うつ)ろふ世習(ならひ)()くは()
原始(げんし)(もり)()(えだ)
手折(たお)りて(むす)友垣(ともがき)
()ゆる生命(いのち)のかがり()
(ひか)(ひとみ)幸福星(アストラ)
(つよ)(ただ)しく(とも)()きなむ

3.
明日(あす)宿居(やどり)()らねども
(われ)(とも)あり、(われ)(つよ)
()苦難(くるしみ)をともにせん
(ちか)(こころ)酒杯(さかづき)
()きぬ名残(なごり)(なんだ)する
今宵󠄁(こよい)(かぎ)りのこの(うたげ)かな