昭和七年寮歌
古城の春は
大槻均君 作歌
中村小弥太君 作曲
(1,2,5 繰り返しなし)

1.
古城(こじょう)(はる)()(やす)
延齢草(えんれいそう)()()へど
流転(るてん)(ほう)()(がた)
(とも)よエルムの(かね)()
再建(さいけん)(とき)(ほど)なけん
ペルアスペラと()(ひび)

2.
(いま)(うつ)()原始林(もり)(かげ)
宿(やど)るは(いま)(あさ)けれど
(ちぎり)(ふか)三百(さんびゃく)
(こころ)()はすこの(うたげ)
(あかつき)かけていざ()かん
アドアストラの自治(じち)(かね)

3.
妖雲(よううん)西(にし)(ただよ)へど
()落日(らくじつ)悠々(ゆうゆう)
大地(だいち)(めぐ)(しづ)むかな
(ねむ)()(しろ)(われ)(また)
()めての生命(いのち)(つちか)はん
四大(しだい)(すさ)明日(あす)あれば

4.
厳寒(げんかん)(こお)極北(きょくほく)
(きり)()(さわ)(あけぼの)
(ひかり)(にの)うて()たんとき
際涯(いやはて)もなく()(かえ)
世紀(せいき)波濤(なみ)(くる)へども
既倒(きとう)にかへす(ちから)あり

5.
竜舵(りょうだ)(きし)()大洋(たいよう)
(いま)人生(じんせい)船出(ふなで)かな
白帆(はくはん)(たか)くはためきて
正気(せいき)をはらむ若人(わこうど)
理想(りそう)(ふね)不壊(ふゑ)にして
さかまく苦海(うみ)永遠(とは)()