昭和八年寮歌
タンネの氷柱
卜部清君 作歌
白石祐義君 作曲
(1,2,3,4,5 了あり)

1.
タンネの氷柱(つらら)()ゆる(ころ)
胡蝶(こちょう)(ねむ)(はな)宿(やど)
牧場(まきば)(むす)(ゆめ)(はる)
(あお)希望(のぞみ)雪峯(みね)こえて
四海(しかい)羽振(はぶ)若鵬(わかどり)
石狩(いしかり)()意気(いき)をみん

2.
朝里(あさり)(おか)烏頭(うづ)()けば
蝦夷(えぞ)芙蓉(ふよう)(ゆき)とけて
千尋(ちひろ)懸崖(きし)ゆくだけ()
忍路(おしょろ)(おき)真白帆(ましらほ)
万里(ばんり)波濤(はとう)(かけ)らんと
白鷗(かもめ)はしばし(いこ)ふなり

3.
真紅(しんく)夕陽(ゆうひ)(やま)()
もゆる紅葉(もみぢ)をかざしたる
(とも)がゆくての()(とほ)
幌馬車(ほろばしゃ)(かげ)()()りぬ
蓬髪(ほうはつ)胡風(かぜ)(なび)けつつ
懐情(おもひ)()きず()てもなく

4.
十勝(とかち)(みね)()()こる
吹雪(ふぶき)(いか)りて()ゆる()
旭光(ぎょっこう)(ひがし)(いろ)めけば
(くま)()愛奴(あいぬ)雄叫(おたけ)びに
(だい)雪原(せつげん)霊光(れいこう)
無絃琴(つるなしごと)()(たか)

5.
(かか)垂氷(たるひ)(つき)くだけ
千々(ちぢ)瞑想(おもひ)()(かた)
六十(むそぢ)(あき)はしるくして
(みどり)(うか)白亜城(はくあじょう)
(こけ)むす楡鐘(かね)哀調(しらべ)きけ
(わか)(ちから)(もと)むなり