昭和九年寮歌
津軽の海
星勇君 作歌
白石祐義君 作曲
(1,4,7 了あり)

1.
津軽(つがる)()(うず)()ける(おく)
オホツクの寒潮(かんちょう)咆哮()えて
雄健(たけ)()蝦夷(えぞ)島根(しまね)
(とし)()りし恵迪(けいてき)(りょう)
旅寝(たびね)とな()ひし三年(みとせ)
揺籃(ようらん)高夢(ゆめ)()ふなり

2.
寂寥(さびしら)歩行(あゆみ)はこびて
()みさぶる(もり)仰臥(ぎょうが)
先人(せんじん)(ふみ)になぞらへ
陳腐(ちんぷ)なる(うた)()ぢらふ
ただ(あお)自然(しぜん)姿(すがた)
そは(ふか)黙示(さとし)をきざむ

3.
清明(せいめい)(みず)(うか)べる
宵󠄁月(よいづき)(かげ)はさやけし
酒觴(さかづき)をめぐらしかさね
羆熊(くま)(こえ)()くもすべなし
たぎりゆく(わか)血潮(ちしお)
(かぎ)りなき感激(おもひ)をしたふ

4.
六十(むそじ)にも(よわい)うつろひ
(つど)ひたる寮友(とも)兄弟(はらから)
伝統(でんとう)永遠(とは)記念(かたみ)
感激(かんげき)寮史(りょうし)()りぬ
情懐(むね)(ふか)(ただ)(たましい)
(たましい)(むす)(かがや)

5.
恵迪(けいてき)(やかた)()ひし
竜田姫(たつたひめ)佐保神(さほがみ)()たび
若人(わこうど)生命(いのち)(ささ)げし
(おも)()自由(じゆう)宴遊(うたげ)
永劫(えいごう)(わか)一日(ひとひ)
(ゆめ)とせむ楡鐘(かね)調(しら)べを

6.
黎明(れいめい)曠野(こうや)際涯(みきり)
雄叫(おたけ)びと(とも)(きた)れり
満蒙(まんもう)長夜(ながよ)(やみ)
()れんとす()てよ寮友(ともどち)
青春(せいしゅん)象牙(ぞうげ)(とう)
いざ()でむ(とき)(いた)れり

7.
北溟(ほくめい)自治(じち)牙城(がじょう)
蒼穹(そら)(たか)巣立(すだ)寮友(ともひと)
澆季(ぎょうき)()(すく)はんは()
済世(さいせい)烽火(のろし)あぐべし
(わす)()恵迪(けいてき)(うた)
高唱(うた)ひゆけ正義(せいぎ)大道(みち)