昭和十年寮歌
噫妖雲は
川村真君 作歌
荻野辰夫君 作曲
(1,2,3,6 了あり)

1.
(ああ)妖雲(よううん)(くる)へども
(みち)(もと)めし若人(わこうど)()
巍然(ぎぜん)四寮(しりょう)(たて)()もり
覚醒(かくせい)(うた)高誦(うた)ふかな

2.
三年(みとせ)(ちぎり)(あさ)からず
爛漫(らんまん)(はる)(あざむ)けど
銀觴(ぎんしょう)口辺(くち)にうつろへば
名残(なごり)(はる)(おし)むべし

3.
(ひつじ)(むれ)()()きて
角笛(つのぶえ)(とほ)くこだましぬ
夏草(なつくさ)(ふか)丘上(をかのへ)
(つき)三更(さんこう)(かげ)()ゆる

4.
不壊(ふゑ)生命(いのち)(かがや)きし
緑葉(みどり)(ようや)紅葉(もみぢ)して
(いま)玲瓏(れいろう)谿谷(けいこく)
(わか)()()寮歌(うた)()ゆる

5.
颯々(さっさつ)(かぜ)(おと)(さむ)
(そり)()孤弦(こげん)(つき)()
(まど)(たたず)多感(たかん)遊子()
今宵󠄁(こよい)(なに)をか(おも)ふらん

6.
月影(つきかげ)(あわ)(にれ)(をか)
記念(きねん)(まつり)(おわ)るなり
篝火(かがりび)()きて(われ)(いま)
(しず)かに宵󠄁(よい)(うた)はなん