昭和十二年第三十回記念祭歌
春未だ浅き
平城鷹雄君 作歌
宍戸昌夫君 作曲
(1,2,3,4 了あり)

1.
(はる)()(あさ)白楊(はくやう)
雪解(ゆきげ)小路(こみち)たたずめば
しばし()けとて私語(さざめき)
()()もれくる夕嵐(ゆふあらし)

2.
あはく(あし)げに()()でし
おぼろおぼろの水芭蕉(みずばしょう)
なつかしの原始杜(もり)(かた)とりて
榾火(ほたび)をめぐり(うた)はなん

3.
長髪(ちょうはつ)(ほほ)(たは)むれて
(むかし)(かわ)らぬ(かぜ)なれや
(いま)したたへん三十回(みそたび)
青史(せいし)をかざす記念祭(きねんさい)

4.
美酒(うまし)(よる)()()けど
()きぬ男子(をのこ)黒潮(くろしお)
(ちぎり)(つき)()()はし
常緑(ときは)(いは)自治(じち)(えん)