昭和十四年寮歌
時潮の流転
望月真三郎君 作歌
竹村伸一君 作曲
(1,2,6 了あり)

1.
時潮(じちょう)流転(ながれ)淙々(そうそう)
四季(とき)乾坤(けんこん)(めぐ)()
去来(きょらい)(つね)なく(ひと)(かわ)
有情(うじょう)無為(むい)時鐘(かね)()
孤城(こじゃう)爽春(はる)()(あさ)

2.
(とお)流離(りうり)(はる)()
()高楼(たかとの)春愁(うれ)ひつつ
郭公(かっこう)(とり)()くさへも
多感(たかん)児等(こら)情懐(むね)(あつ)
懐古(かいこ)(なみだ)(あふ)るべし

3.
真日(まひ)()(きた)蒼穹(そら)はるか
飛燕(ひえん)ひとたび()()けば
桃李(とうり)華影(かげ)()せゆきて
あはれ旅寝(たびね)(わか)遊子()
()(なん)郷愁(おもひ)しきりなり

4.
夕陽(せきやう)西(にし)()()けば
白樺(しらかば)(はやし)(あけ)()
暮秋(ぼしゅう)(かぜ)飄々(ひょうひょう)
時艱(じかん)(うれ)(くに)()
悲腸(ひちゃう)(こえ)()たるかな

5.
北斗(ほくと)地平(ちへい)揺曳(ゆら)ぐとき
天地(てんち)四大(しだい)(しも)()
四寮(しりょう)高夢(ゆめ)()てつきて
ほがらほがらの(あさ)ぼらけ
帰雁(きがん)孤影(かげ)(つき)()

6.
明日(あす)(わか)()旅人(たびびと)
(はる)(ゆう)べの宴遊(うたげ)かな
かへらぬ絢夢(ゆめ)をしのびつつ
生命(いのち)故郷(さと)慨嘆(なげ)きしも
すでに三星霜(みとせ)草枕(くさまくら)