昭和十六年寮歌
湖に星の散るなり
切替辰哉君 作歌
岡田和雄君 作曲
(1 繰り返しなし)

1.
(みずうみ)(ほし)()るなり(かそ)けさよ
(まつ)()()えて
()()づる愛奴(あいぬ)漁舟(ふね)
岸辺(きしべ)()沁々(しみじみ)(なが)
(たび)()ははや()れゆきぬ
(ゆめ)()(ゆめ)にぞ()かん
(けが)れなき(こころ)(した)
(おお)いなる支笏(しこつ)(うみ)
(はな)(わか)(われ)()(もと)
希望(のぞみ)()今宵(こよい)宿(やど)らん

2.
(とどろ)けるかの雄叫(をたけ)びよ創造(そうぞう)
歴程(れきてい)一路(いちろ)(あたら)しき使命(しめい)(ささ)
(しあわせ)今日(きょう)にしあれば
忍苦(にんく)して欣求(もと)むるところ
()べくして()べからざりし
秀麗(うる)はしきまことの(みち)
(ちか)くして(はる)かなる(かな)
(わか)()秩序(ちつじょ)背負(せお)
洋々(ようよう)()(とも)にゆかなむ

3.
乾坤(けんこん)()(いの)るなり栄光(さかえ)あれ
祖国(そこく)生命(いのち)決意(けつい)する
(ひかり)(まば)ゆく()()りぬ(にれ)嫩葉(わかば)
葉脈(ようみゃく)(つよ)きを(たた)
草々(くさぐさ)のたふれ(うま)れて
(はる)(あお)辛夷(こぶし)()くなり
逍遙(さすらひ)原始林(もり)(かげ)(きよ)
()()かん()民族(みんぞく)
(たくま)しき息吹(いぶ)(かん)じぬ

4.
()(あゆ)(ひかり)(なか)国民(くにたみ)
(おも)責任(せめ)()(きら)めきの
星辰(ほし)(かた)らひ微香(ほのかを)大地(つち)(ささや)きぬ
甦生(たちか)へる征覇(せいは)のいくさ祝歌(はぎうた)
吾等(われら)双頬(ほほ)
(うしな)はじ(たか)きが矜持(ほこり)(まも)()
伝統(つたへ)法火(ともし)
(きよ)らかに()(さか)(とき)
()()かな()若人(わこうど)