昭和四十二年第六十回記念祭歌
芳香漂う
稲田雅久君 作歌
名田正信君 作曲
(1,6 繰り返しなし)

1.
芳香(かおり)(ただよ)うやわらかの
(のこ)んの(はる)夕間暮(ゆうまぐれ)
(おぼろ)にかかる夕月(ゆうづき)
()かぶ辛夷(こぶし)(はな)吹雪(ふぶき)
ああ()()みて(きこ)えこぬ
(いろ)壮麗(そうれい)(かね)()
六十路(むそじ)(なつ)()らざるや
いま黄昏(たそがれ)自治(じち)(にわ)

2.
(ほそ)羽音(はおと)()そやかの
蜉蝣(かげろう)(やみ)をかすめゆき
(はし)(なが)れの(おと)もなく
まつよい(くさ)(ほし)あかり
ああ()()えて(およ)ぎこぬ
銀鱗(ぎんりん)おどる紅鮭(べにうお)
六十路(むそじ)(あき)(のぼ)らずや
いま宵闇(よいやみ)自治(じち)(かわ)

3.
(かぜ)棚引(たなび)(かろ)やかの
(くも)蒼空(そうくう)(あさ)ぼらけ
よぎる秋津(あきつ)(かげ)(あか)
(のこ)んの(つき)(うす)れゆく
ああ()()りて(わた)りこぬ
(なが)旅寝(たびね)(かりがね)
六十路(むそじ)(ふゆ)(かえ)らずや
いま有明(ありあけ)自治(じち)(はら)

4.
(のき)(つら)なる(しろがね)
垂氷(たるひ)(うつ)(ともしび)
星影(ほしかげ)()みる(まつ)()
()るひとひらの(ゆき)(はな)
ああ()()てて(きざ)しこぬ
()()()もる(はな)()
六十路(むそじ)(はる)()かざるや
いま()()けぬ自治(じち)(いえ)

5.
(つゆ)(したた)りぬ生々(せいせい)
楡林(ゆりん)にねむる(ゆめ)()めて
牧場(まきば)におどる(あさ)もやの
さなかに(うた)夜明(あけ)(とり)
()(くれない)(やま)()
()()(そら)群雲(むらくも)
つらぬきわたる(ひかり)かな
いま六十歳(むそとせ)()()けぬ

6.
寮友(とも)(かんばせ)篝火(かがりび)
(ほのお)もわらう記念祭(きねんさい)
(うた)をうたわば玉響(たまゆら)
()さも()()()()なり
いざ(たか)らかに祭歌(まつりうた)
はやる太鼓(たいこ)(とどろ)きは
夜空(よぞら)(ふか)()()けて
北斗(ほくと)()する生命(いのち)なり