昭和四十四年寮歌
孤独に満てる
山崎芳行君 作歌
服部泰明君 作曲
(1 了あり)

1.
孤独(こどく)()てる()青春(せいしゅん)
何時(いつ)しか遅春(はる)(おと)ずれぬ
まだ()えやらぬ芝生(しばふ)(うえ)
一片(ひとひら)()()桜花(さくらばな)
朝露(あさつゆ)()(あらた)寮友(とも)
(さかずき)かわす(たの)しさよ
嗚呼(ああ)(われ)一人(ひとり)にあらずして
()青春(せいしゅん)寮友(とも)とあり

2.
孤独(こどく)()てる旅人(たびびと)一人(ひとり)
理想(ロマン)(もと)めて蝦夷(えぞ)()
その()(ひと)(こころ)()れりや
原始(げんし)(もり)()郭公(かっこう)
寮友(とも)(わか)れて一月(ひとつき)()ちぬ
今日(きょう)(なつか)しき便(たよ)りあり
嗚呼(ああ)(われ)一人(ひとり)にあらずして
()青春(せいしゅん)寮友(とも)とあり

3.
孤独(こどく)()てる()自治寮(りょう)
(はや)くも(あき)気配(けはい)あり
夕日(ゆうひ)()ゆるポプラの並木(なみき)
憂愁(ゆうしゅう)(かぜ)()()()
(ふたた)()いぬ寮友(とも)()()
真理(しんり)(くに)彷徨(さまよ)いぬ
嗚呼(ああ)(われ)一人(ひとり)にあらずして
()青春(せいしゅん)寮友(とも)とあり

4.
孤独(こどく)()てる()同胞(はらから)
厳冬(げんとう)(まさ)()(かか)
深雪(ゆき)(うず)むる原始(げんし)(もり)
月光(げっこう)(さや)かに突差(つきさ)しぬ
冷酒(ひやざけ)()野心(やしん)(かた)れば
いとど(ふか)まる友情(こころ)かな
嗚呼(ああ)(われ)一人(ひとり)にあらずして
()青春(せいしゅん)寮友(とも)とあり