昭和四十九年寮歌
北の都は
大森秀治君 作歌・作曲
(1,2,6,7 了あり)

1.
(きた)(みやこ)開発(ひら)かれて
喪失(うしな)われゆく(だい)自然(しぜん)
(りょう)姿(すがた)()われども
恵迪(けいてき)()永遠(とこしえ)

2.
残雪(ざんせつ)()けて東風(こち)()かば
大地()黒々(くろぐろ)(かがや)けど
川流(せんりゅう)()えて(みず)()
湿原(しつげん)()花影(かえい)なし

3.
緑葉(りょくよう)さわぐ(にれ)(もり)
昔日(せきじつ)(かげ)すでになく
(みじか)盛夏(なつ)夕陽()()びて
ただ寥々(りょうりょう)佇立(たたず)まう

4.
虚空(こくう)逍遥(さまよ)(つき)(かげ)
蒼白(あおじろ)()原始森(もり)木々(きぎ)
秋風(かぜ)にうたれて()落葉(おちば)
(そう)(せつ)までのこの眺望(ながめ)

5.
白雪(はくせつ)烈風(かぜ)()()がり
疎々(そそ)たる(もり)()()けぬ
樹影(じゅえい)(くろ)(からす)(とり)
寂莫(せきばく)として(こえ)もなし

6.
警醒(けいせい)(かね)()らせども
迷夢(めいむ)(よる)()()けず
行方(ゆくえ)()れぬ朔風(さくふう)
(こころ)(いた)みつのるかな

7.
(きた)(たび)してこの宿(やど)
仮寝(かりね)(ゆめ)(むさぼ)りて
()ぎし歳月(としつき)(はや)二年(にとせ)
(なつ)かしさ()つこの団居(まどい)