大正五年南寮々歌
穹蒼高く
長崎次郎君 作歌
黒住須賀夫君 作曲
(1,2,3 了あり)

1.
穹蒼(おほぞら)(たか)()(ふか)
沈黙(しじま)(もり)(そび)えたつ
(かつら)(こずえ)()すところ
北斗(ほくと)(さえ)(きみ)()ずや
()若人(わこうど)()野心(のぞみ)
われにかも()(たか)くあれ」

2.
(すさ)吹雪(ふぶき)のもだすとき
六片(りっぺん)(はな)()くところ
(こう)たる天地(てんち)(ちり)()えて
()つる(ちから)(きみ)()
()若人(わこうど)(きた)曠野()
()()(たま)(みが)かずや」

3.
谷間(たにま)百合(ゆり)()のゆらぎ
(にれ)若葉(わかば)()はこぼる
(はる)息吹(いぶき)(わた)()
時鐘(かね)(ひびき)(きみ)()
()若人(わこうど)石狩(いしかり)
自由(じゆう)郷土(くに)(さち)(おお)き」

4.
百鳥(ももどり)(うた)(はな)()
(うま)しき(くに)自治(じち)()
十一(じゅういち)(はる)今日(きょう)(きた)
祝歌(はぎうた)たかく(きみ)(うた)
(みち)(したが)若人(わこうど)
住家(すみか)(とは)(さかえ)あれ」

5.
(たか)きのぞみを(ほし)()
(かね)自由(じゆう)(まな)びつつ
真理(まこと)(もと)むる一百(いっぴゃく)
健児(けんじ)行手(ゆくて)(とお)けれど
(われ)(わか)(ちから)(つよ)ければ
(かちえ)(とき)(ちか)からむ
など(かちえ)ざる(こと)あらん