北海道大学 理学院/理学研究院 Japanese | English
生物/有機地球化学研究室
(沢田研究室)
Lab. Organic Biogeochemistry

私たちの研究室は、地質年代スケールの地球生命圏の進化・変動を解明することをおもな目的とした生物地球化学・有機地球化学の研究を行っています。おもに地層(堆積物)や化石を対象に、有機化学分析とフィールドでの地質科学調査によって過去の地球環境・生態系を復元し、長時間スケールの環境変動と物質循環システム、環境-生物間の地球化学的相互作用などの解明を目指しています。化学や地質学が得意で、地球生命史・環境気候変動に興味のある人は、一緒に研究しましょう。






最新の活動News
2021.12.15 論文公表:Ando et al., Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology
白亜紀中期の海洋無酸素事変(OAE)1a時に堆積した黒色頁岩層(Goguel層準; 南東フランスVocontian盆地)のバイオマーカー分析・パリノモルフ分析を行い、OAE1a時の特異的な海洋生態系を復元した研究.特徴的なホパノイドとアクリタークの解析結果に注目しました.安藤さんの修士研究からの成果が世に示されました。
2021.6.4 論文公表:Ikeda et al., Phytochemistry
北海道などで採集した地衣類から長鎖アルケン・アルカジエンを新規に同定した研究の論文です.今ではうちの研究室が得意とするDMDS付加法によって二重結合の位置決定を行いました.特にC17アルカジエンが地衣類のバイオマーカーになり得ると提示しました.池田君の初めてのIF論文になります.
2020.12.5 論文公表:Furota et al., International Journal of Coal Geology
夕張、千鳥ヶ滝の川端層タービダイトで見つけた植物片濃集砂岩層の堆積学調査・バイオマーカー分析から、巨大洪水による陸源有機物の深海への輸送システムを論じた研究.ハイパーピクナル流を有機地球化学的データから判別する方法論を提案.風呂田さんの卒業研究からの努力が実りました.

北海道大学
大学院理学研究院 地球惑星科学部門
大学院理学院 自然史科学専攻
理学部 地球惑星科学科

地球惑星システム科学分野
地球生物圏変動学研究グループ
(第5グループ)

生物/有機地球化学研究室
(沢田健 研究室)


〒060-0810
札幌市北区北10条西8丁目
理学部6号館9階

Contact Us!


作成:2003年2月18日, 更新:2021年12月17日