研究紹介など

研究内容を紹介...しなければならないと思っているページ.

(適当文章) 火星大気中への地表面からのダスト供給がどのように決まるのか, 大気の動きから検討したい. 火星の写真 火星のオリンポス山周辺の画像. (presented by NASA)

数値計算を用いた火星大気のシミュレーション.

研究紹介

  • 2017/11/20 CPS/WTK 大気境界層乱流ミニワークショップ
    火星大気境界層 LES で得られた対流と渦 [発表資料]
  • 2016/12/14 比較惑星学コロキウム
    SCALE-LES を用いた火星大気の高解像度計算結果の解析 [発表資料]

所属学会

  • 日本気象学会
  • 日本惑星科学会
  • 日本地球惑星科学連合大会

主著の発表

  • 村橋 究理基, 須藤 康平, 西澤 誠也, 石渡 正樹, 小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 林 祥介, 2017 : 火星大気境界層高解像度 LES によって得られた強い地表面応力の空間分布, 日本気象学会 2017 年度秋季大会, 2017 年 10 月 31 日, 北海道大学学術交流会館 (講演番号 P261) [要旨 (日本気象学会 2017 年秋季大会講演予稿集)] [ポスター]
  • 村橋 究理基, 須藤康平, 西澤 誠也, 石渡 正樹, 小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 林 祥介, 2017 : 高解像度の火星大気ラージエディーシミュレーションで得られた地表面応力, 日本惑星科学会 2017年 秋季講演会, 2017 年 9 月 29 日, 大阪大学 豊中キャンパス 南部陽一郎ホール (講演番号 D8)
  • 村橋 究理基, 西澤 誠也, 石渡 正樹, 小高 正嗣, 須藤 康平, 中島 健介, 竹広 真一, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 林 祥介, 2017 : 火星大気を想定した高解像度 LES で得られた地表面応力分布, 日本気象学会 2017 年度春季大会, 2017 年 05 月 25 日, 国立オリンピック記念青少年総合センター (講演番号 B165) [要旨 (日本気象学会 2017 年春季大会講演予稿集)] [口頭発表資料]
  • 村橋 究理基, 西澤 誠也, 石渡 正樹, 小高 正嗣, 須藤 康平, 中島 健介, 竹広 真一, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 林 祥介, 2017 : 高解像度 LES によって得られた火星大気境界層における循環構造 (The circulation structure in the Martian atmospheric boundary layer obtained by high resolution LES), JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017 年 05 月 22 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 MGI32-P01) [ポスター]
  • 村橋 究理基, 西澤 誠也, 石渡 正樹, 小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 林 祥介, 2016 : SCALE-LES を用いた火星大気高解像度計算で得られた大気最下層の循環構造, 日本気象学会 2016 年秋季大会, 2016 年 10 月 26 日, 名古屋大学 (講演番号 P147) [要旨 (日本気象学会 2016 年秋季大会講演予稿集)] [ポスター]
  • 村橋 究理基, 西澤 誠也, 石渡 正樹, 小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 林 祥介, 2016 : 高解像度ラージエディーシミュレーションで得られた火星大気最下層における対流の微細構造, 日本惑星科学会 2016年 秋季講演会, 2016 年 9 月 12 日, ノートルダム清心女子大学カリタスホール (講演番号 P1-05) [要旨] [ポスター]
  • 村橋 究理基, 2016 : 火星大気中の鉛直対流に関する数値実験 - 乱流混合長の表現方法が摩擦速度に与える影響, 平成 27 年度修士論文発表会, 2016 年 02 月 09 日, 北海道大学理学部 5 号館大講堂及び大講堂前 2F ロビー [論文] [発表資料]

共著の発表

  • Rinako Kishi, Azuki Ito, Koki Kamada, Tomoki Fukita, Lucy Lahrita, Youhei Kawase, Kuriki Murahashi, Hiroshi Kawamata, Nobuyasu Naruse, Yukihiro Takahashi, 2017 : Remote estimation of crown size and tree density in snowy areas, AGU 2017 Fall Meeting, 2017 年 12 月 13 日, New Orleans, USA (講演番号 296396)
  • Maya Shimono, Ken Hirata, Kuriki Murahashi, Ade Purwanto, Hiroshi Kawamata, Nobuyasu Naruse, Yukihiro Takahashi, 2017 : Measurements of Clouds Using 3D models Generated from Images Captured with Uncalibrated Cameras, EMS Annual Meeting: European Conference for Applied Meteorology and Climatology 2017, 2017 年 09 月 05 日, Dublin, Ireland (講演番号 EMS2017-660)
  • 池田 未歩, 鎌田 玲菜, 川瀬 陽平, 村橋 究理基, Lahrita Lucy, 川俣 大志, 成瀬 延康, 高橋 幸弘, 2017 : Development for polarization monitoring method of black ice area on roads, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017 年 05 月 25 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 HDS13-P05)
  • 伊藤 亜珠希, 吹田 智紀, 岸 里名子, 鎌田 航毅, 村橋 究理基, 川瀬 陽平, 川俣 大志, 成瀬 延康, 高橋 幸弘, 2017 : リモートセンシングを用いた森林に於ける樹木の被覆面積の推定 (Evaluation of Covered Area with Tree in Forest using Satellite Remote Sensing), JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017 年 05 月 22 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 HTT24-P02)
  • 平田 憲, 下野 真弥, 村橋 究理基, Purwanto Ade, 川俣 大志, 成瀬 延康, 高橋 幸弘, 2017 : カメラ画像を用いた3次元モデリングによる雲の観測 (Cloud Observation by 3D Modeling Based on Camera Images), JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017 年 05 月 22 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 MIS05-P11)
  • 下野 真弥, 平田 憲, Purwanto Ade, 村橋 究理基, 川俣 大志, 成瀬 延康, 高橋 幸弘, 2017 : 写真から3Dモデリングをするときのための最適な条件の分析 (Analysis of optimal conditions for photo-based 3D modeling of cloud-like objects), JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017 年 05 月 21 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 AAS01-P07)

トップへ